一般財団法人 非営利型法人 宮城県下水道公社

文字の大きさ

処理した「水」や「汚泥」はどうなる?

浄化センターできれいにした「水」は、川や海に放流して自然にかえします。汚れを分解したあとに出る「汚泥」は脱水して水分を少なくし、焼却や乾燥を行ってセメントの材料や肥料(コンポスト)等に利用しています。
資源やエネルギーとして再利用が可能な処理水や汚泥を有効に活用し、省エネルギー・リサイクル社会に対応した取り組みが進められています。

こんなところに再利用されている例として紹介します。

きれいになった処理水は…

たまった汚泥は…

  • レンガやセメント原料など、建設資材に
  • 肥料や土壌改良資材など、緑地・農地資材に
  • バイオガスを発生させ、エネルギー利用に

下水道は資源を循環する役割も果たしています。