一般財団法人 非営利型法人 宮城県下水道公社

文字の大きさ

下水処理場のしくみ

仙塩処理場 - 沈砂池 仙塩処理場 - 最初沈殿池 仙塩処理場 - 反応タンク 仙塩処理場 - 最終沈殿池 仙塩処理場 - 消毒設備 仙塩処理場 - 放流 仙塩処理場 - 汚泥処理施設

沈みやすい汚れや混ざり物は「最初沈殿池」で取り除くことができますが、スープや尿などのように水に溶け込んだ汚れは除去できません。そこで「反応タンク」では、微生物が汚れを食べて増殖する働きを利用して水をきれいにしています。微生物がフル稼働できるように、空気(酸素)もたくさん入れて呼吸を助けています。

沈砂池(ちんさち)

流れてきた下水が最初に入るところ。ここを流れる間に土砂類は沈み、大きなゴミはスクリーンで取り除かれます。

最初沈殿池(さいしょちんでんち)

この中をゆっくりと流れ、小さなゴミや混ざりものを沈殿させて取り除きます。

反応タンク

ここで微生物(活性汚泥)を加え、空気を吹き込んでかき混ぜます。微生物が空気中の酸素の力を借りて水に溶け込んでいる汚れ(有機物)を食べて、大きい固まりになります。

最終沈殿池(さいしゅうちんでんち)

固まりになった活性汚泥は、ここで沈殿します。上澄みのきれいな水は、消毒設備に送られます。

消毒設備(しょうどくせつび)

最終沈殿池より流れてきた水は、塩素で消毒されて海へと自然へ戻っていきます。

汚泥処理施設(おでいしょりしせつ)

水処理施設から送られた汚泥には、水分や有機物が多く、脱水して減量化し、さらに焼却設備で焼却して場外に搬出されます。